効果実感!アイプリンおすすめの使い方

アイプリンを買いたいけれど、どんなふうに使えばいいのかわからないという人は多いのではないでしょうか。

もしくはアイプリンを買ったけれど、いまいち効果を実感できていないという人もいるかもしれません。

アイプリンは美容液たっぷりのコンシーラーなので使い方にコツがあります。

そこでアイプリンの上手な使い方をまとめました。

アイプリン基本の使い方3ステップ

まずは公式サイトでも紹介されているアイプリン基本の使い方です。

パーツによって若干使い方は異なりますが、今回はどのパーツでも共通で綺麗にカバーできる方法をまとめました。

まずは基本の3ステップを完全にマスターしておきましょう。

1.気になる部分に線を書くように

ステップ1は、アイプリンを気になる部分に乗せることです。

アイプリンは先端が細い筆のようになったコンシーラーなので、気になる部分に線を描くようにしてスーッと引きます。

目の下のクマなら1本、三角ゾーンをしっかりカバーしたいなら猫の髭のように3本線を引くと綺麗にカバーできます。

手持ちの筆を別に用意する必要がないので、外出時にもアイプリン1本でメイク直しがパパッと完了するのが嬉しいですよね。

ココでの注意点は1つだけです。

直接肌に乗せて使うタイプのコンシーラーなので、できれば清潔な状態で使うようにしてください。

基礎化粧品で肌を整えた後、ファンデーションを塗る前に使うことをおすすめします。

アイプリンの魅力の1つに、美容液成分の効果でシミにファンデーションが入り込みにくいというものがあるのですが、最初に市販のファンデーションを使ってしまうとこの効果が半減してしまうためです。

メイク直しの時にやむなくファンデーションの上から使う場合には、最初にファンデーションの崩れやヨレを取り除いてからアイプリンを塗るようにします。

さらに使用後はティッシュで軽く拭き取り、筆先についた皮脂やファンデーションが残らないようにしておきましょう。

2.指先でなじませる

線状に肌に乗せたアイプリンは、指先を使ってトントンと馴染ませていきます。

この時に使うのは、中指と薬指の2本です。

目元をこすることはシワ悪化につながります。

人差し指は、使いやすさからついつい力が入ってしまうので使わない方がいいでしょう。

市販のコンシーラーは伸びが悪いものも多くクルクルと指でなじませる方もいらっしゃいますが、アイプリンはその必要がありません。

あまりにクルクルなじませると肌表面を傷つけてしまいますから、この時点ではトントンと指先でたたき込むだけにしてください。

この使い方を続けていけば、アイプリンの美容液成分との相乗効果でどんどんシワが気にならなくなっていくはずですよ。

3.ハンドプレスでじっくりケア

最後はハンドプレスでしっかりなじませます。

アイプリンはただのコンシーラーではありません。

目元専用美容液に引けを取らないほどに、たっぷりの美容成分を含んでいます。

成分だけ見たら「美容液?」と勘違いしてしまうほどの贅沢な配合です。

アイプリンをなじませた部分を優しく包み込み、少し上に引き上げるようにしながらゆっくり10秒数えてください。

このひと手間で肌がじんわり温まってコンシーラーの持ちが良くなるのはもちろん、美容成分の効果も最大限に実感できるようになります。

アイプリンが効果を発揮する5つの肌トラブル

市販のコンシーラーは、色を付けて目立たせなくする単なるカバーアイテムにすぎません。

だから用途もかなり限定的です。

でもアイプリンは違います。

美容液成分が入った筆状のコンシーラーなので、「カバー」以外にも色々な使い道があるのです。

そこでアイプリンが効果を発揮する5つの肌トラブルについてまとめました。

「こんなことまでコンシーラーで解決するの?」というものもあるので、当てはまる悩みがないかどうか目を通してみてくださいね。

1.皮膚のたるみ

アイプリンに配合された6つの美容成分「プラセンタエキス」「セラミド」「オリーブオイル」「ビタミンE」「コラーゲン」「スクワラン」が、お肌のたるみにアプローチします。

スキンケアの役割だった美容液成分をコンシーラーに配合することで、朝晩のスキンケアタイムだけではなく、日中メイクしている間もたるみケアできてしまうんです。

お肌のハリや弾力に必要な美容成分は、年齢とともに減る一方。

だからこそアイプリンのような美容成分入りコンシーラーで補ってあげれば、その差は歴然というわけですね。

愛用者が20代から60代まで幅広いのも納得の成分です。

2.シミ

コンシーラーでシミケアが出来ます。

アイプリンはシミを隠すだけではなく、シミをケアするのです。

その秘密は、アイプリンに配合された美白成分フラーレン。

美白成分でお馴染みビタミンCの100倍を超える抗酸化力で、シミの原因になるメラニン生成を抑えて透明感のあるお肌をサポートしてくれます。

市販の美白成分のように刺激の強い成分ではないので、敏感肌で美白アイテムが使えないという方も安心してお試しできそうですね。

3.くすみ

アイプリンは、くすみをカバーするだけではありません。

皮膚コンディションを整える「ジペプチド-2」や肌の透明感に欠かせない「アセチルデカペプチド-3」を配合することで、くすみの原因に根本からアプローチできます。

コンシーラーで隠したところで、くすみは消えません。

表面的に分からなくするだけなので、メイクを落としたら肌のクスミは残ったまま…ということになってしまいます。

だけどアイプリンでケアし続けていけば、見た目にくすみを隠しつつ、メイクの下でもくすみケア出来てしまうというわけです。

素肌に自信を持ちたい女性に嬉しい成分が、たっぷり配合されています。

4.色むら

アイプリンは、国内製造。

日本製だから出来る、日本人の肌に合う色味で設計されたうっすらベージュ色のコンシーラーなんです。

コンシーラーを使うと周りとの色むらが気になる…という人も、失敗なく使える色合いです。

やや明るめの色合いなので、一度塗りで軽いハイライトのような効果が得られます。

目元のくすみを飛ばしたいときなんかは1度塗りがいいでしょう。

2度塗り、3度塗りと重ねるごとにカバー力は増しますから、シミを消したい場合には重ね使いすることをおすすめします。

しかもアイプリンは美容液成分がたっぷり配合されていますから、ファンデーションとの馴染みも抜群。

市販のコンシーラーに苦手意識がある方から「アイプリンなら綺麗に仕上がる!

むらも気にならない」というような口コミが寄せられていました。

5.毛穴の開き

毛穴の開きを改善するのはスキンケア、というのはもはや一昔前の話です。

アイプリンはメイクで毛穴の開きをカバーするだけではありません。

コンシーラー機能で今ある毛穴の開きをカバーしつつ、配合された保湿成分で肌そのものにもアプローチしてくれるのです。

口コミを読んでいると「シワにファンデーションが入り込まない」というものが多いのですが、これも肌そのものにアプローチするからこその効果というわけですね。