アイプリンはAmazonで購入できない?公式サイトがおすすめ

アイプリンは、目の下のクマをカバーできる化粧品として、多くの女性たちの間で注目を集めています。

しかし、お店に行っても購入する事ができないので、Amazonで購入しようと考えている方も多いでしょう。

実際に、Amazonであれば様々な化粧品が販売しているので、アイプリンがあっても不思議ではありません。

そこで、アイプリンが販売しているサイトを紹介しながら、どのような魅力があるのか解説します。

アイプリンを購入できるサイト

インターネットショッピングをできるサイトは、Amazonの他にも楽天市場も有名です。

そこで、Amazon・楽天市場・公式サイトで本製品を注文する事ができるのか解説するので、参考にしてみて下さい。

Amazonは購入不可

Amazonは様々な化粧品が販売されていますが、何とアイプリンは取り扱っていません。

少し信じられないかもしれませんが、販売していないので、Amazonの他のサイトから注文したほうが良いです。

ただし、現時点は販売していなくても、今後はどうなるのか分かりません。

人気が高くなってきたら、Amazonで販売される可能性は高いので、気になる方は定期的にAmazonをチェックしたほうが良いでしょう。

楽天市場と公式サイトは購入可能

楽天市場では、アイプリンを取り扱っていますが、2mLで約6,458円もするので注意しなければいけません。

高額な化粧品なので、購入を諦めたくなった方は多いかもしれませんが、公式サイトでは同じ2mLで1,480円にしかなりません(2019年5月10日時点の情報なので注意)。

さらに『目元集中ケアコース』を申し込んだら『全額返金保証』が付いてくるので、本当に目の下のクマをカバーできるのか心配になってしまう方でも気軽に購入できます。

ただし、目元集中ケアコースは、在庫がなくなり次第終了となってしまうので注意して下さい。

アイプリンの魅力

公式サイトであれば、お買い得な価格設定になっていますが、肝心の美容効果が少なかったら意味がありません。

そこで、アイプリンの美容効果や使用感などを紹介するので、みていきましょう。

目元のイメージ

アイプリンは『カバー力』が高くなっているので、目の下のクマに塗っていけば、肌の色が少し明るくなっているかのように見せる事ができます。

実際に、肌の色が明るくなった訳ではなくて、暗いトーンになっているクマを隠す事により、目元が明るくなっているかのように見せられる訳です。

日本人男性たちは、女性を見る時に、目元に注目してしまうケースが多いので、目元のイメージを変える事ができるのは魅力的なポイントと言えるでしょう。

そのため、異性にアピールしたい場合には、アイプリンはおすすめの化粧品です。

保湿効果

目の下のクマは、様々な種類があって、それが青クマ・茶クマ・黒クマなどです。

その中でも茶クマは、肌が乾燥する事により、目の下に縦ジマができる事により茶色のように見えてしまいます。

実際に、肌が乾燥していけば、肌の弾力が低下しやすいので、シワができる可能性が高くなってしまうのです。

茶クマ対策のためには、目の下にある部分(肌部分)に、保湿効果のある化粧品を塗る必要があります。

アイプリンは保湿効果がある化粧品なので、目の下にある部分を塗っていけば、茶クマ対策を講じる事が可能です(茶クマを確実に解消できるという訳ではないので注意)。

低刺激

外部刺激に弱い肌質になっている方は、刺激の強い成分を配合している化粧品を利用してしまえば、アレルギーが出てしまうので、化粧品を選ぶ際には注意する必要があります。

実は、アイプリンは無添加を実現していて、合成香料・着色料・防腐剤・石油系界面活性剤・エタノールなどを使用していません。

低刺激になっている化粧品なので、あまり肌に刺激を与えないで、目の下のクマをカバーする事ができます(個人差があるので注意)。

目の下のクマをカバーできない場合

アイプリンはカバー力が高くなっている化粧品ですが、目の下のクマは、色の濃さや種類によってカバーしきれない場合もあります。

そこで、本製品を利用してもカバーしきれない場合の対処法を紹介するので確認してみて下さい。

睡眠時間

睡眠時間が足りない日々が続いていたら、青クマになる可能性が高くなってしまいます。

青クマの症状は、目の下の部分を軽く引っ張ったら、クマの色が薄くなりますが完全には消えない症状です。

このような状態は、目に疲れがたまっている状態なので、睡眠不足を解消する事が重要になります。

日本人の平均睡眠時間は約6時間と言われていますが、個人差があるので6時間まで眠っても寝不足になってしまう事もあるので注意しなければいけません。

そのため、睡眠不足と思う場合には、7~8時間まで眠る事も検討したほうが良いです。

血行を促進

血行不良に陥っている場合でも、青クマになりやすいので、血行を促進する事が重要です。

目の下の部分を血行促進するためには、指先で軽くマッサージする方法が有効です。

しかし、指先をこすっていけば、目に近い部分なので、少し危険な行為なので注意しなければいけません。

安全の事を考えたら、目を閉じた状態で、目の下の部分を指先でこすっていきましょう。

目に負担をかけるのか心配になってしまう場合には、目を閉じた状態で、蒸しタオルを目の周囲の部分に当てる方法がおすすめです。

紫外線対策

黒クマはコラーゲンが低下する事により起きやすくなってしまいますし、茶クマはシミが集まる事により起きてしまう事もあります。

実は、紫外線を多く浴びてしまえば、シミができるだけではなく、コラーゲンが分解されてしまうのです。

そのため、紫外線対策を講じる事ができれば、黒クマと茶クマの両方の対策を講じる事ができます(2つのクマが起きてしまう原因は様々なものがあるので注意)。

紫外線対策を講じるためには、UVカット機能のレベルが高い化粧品を目の下の部分に塗るようにして下さい。

アイプリンを利用する際のポイント

アイプリンは、美容効果の高い化粧品ですが、利用する際には、いくつか押さえておくべきポイントがあります。

そのポイントを把握しておかなければ、後悔する事になってしまうので詳しく解説します。

肌の状態

低刺激になっている化粧品ですが、肌に異常が出てしまう可能性は0パーセントという訳ではありません。

利用している最中に、赤味・かゆみ・はれが起きてしまったり、刺激を感じる場合には利用を注意して下さい。

このような状態になってしまったのに、利用を続けていたら症状を悪化させてしまいます。

肌の症状が悪化した場合には、皮膚科の医師に診てもらったほうが良いでしょう。

保管方法

アイプリンを保管する場合には、直射日光が当たらない場所に置くようにしましょう。

そのような場所に置いていたら、短期間のうちに品質が悪化するので注意して下さい。

仮に、直射日光が当たらない場所に置いていても、室温が高くなりやすい所や低すぎる所に置いている場合でも、品質が悪くなるので室温にも気を付けて下さい。

そして、化粧品なので食べられるものではないので、乳幼児の手が届かない所に保管するようにしましょう。