アイプリンはどんなときに欲しくなる?役立つポイント5選

アイプリンは、目元に塗るクリームであり、コンシーラーとして使うことができます。

また、美容液でもあるため、しっかりと肌のケアをすることもできます。

そうしたメリットは、いろいろな場面で役に立つものです。

日頃の悩みも、アイプリンをうまく使えば、解決できることがあります。

では、どんなときに便利なのか、詳しく説明していきましょう。

クマがひどいとき

アイプリンはコンシーラーなので、クマを隠すには最適なアイテムになります。

クマがひどいときは、いろいろと困ることが多いものです。

そうした悩みを解決するためには、ぜひアイプリンを使ってみてください。

悪い印象を与えないために

目元にクマがあると、初めて会う人に対して、「人相が悪いな」という印象を与えることがあります。

黒いクマのために暗い雰囲気が増し、どこか怖い顔に見えてしまうのです。

少し大げさなようですが、ひどいクマがある状態なら、そう感じたとしても無理はありません。

ドラマや映画の悪役をわかりやすく見せるためには、クマのメイクを施すことがよくあります。

目元の黒い部分は、それだけ目立ちやすく、顔の印象に与える影響も大きいということなのです。

少しでも印象をよくするためには、しっかり隠すことができる製品を選びましょう。

それには、アイプリンがおすすめです。

目元に塗るだけでクマが目立たなくなり、顔の印象を明るくすることができます。

余計な失敗をかけることも

目の下にすごいクマがあると、人相だけでなく、体調まで悪そうに見えることがあります。

ひどい体調不良で苦しんでいるときは、クマができやすいものです。

そのため、クマがひどい顔を見たときは、つい心配してしまうわけです。

自分ではそれほど調子が悪くないつもりでも、「疲れてるの?」「無理しないで」といった言葉を何度もかけられると、少し煩わしく感じたりするものです。

善意で声をかけてくれたことが明らかなときは、「余計な心配をかけて申し訳ない」という気持ちも湧いてきます。

そうした問題を解決したいときも、アイプリンの効果を頼ってみましょう。

痣のようなクマ

目の下にできるクマは、黒っぽいこともあれば、青みがかって見えることもあります。

青くなっている場合は、単なるクマではなく、青痣のように見えてしまうこともあるので、注意が必要です。

両目が同じくらい青ければクマだとわかりそうなものですが、「誰かと喧嘩でもしたのか?」などと勘違いされる可能性もないわけではありません。

そんな顔では、接客業のようにお客さんの前に出る仕事だと、かなり困ってしまうものです。

アイプリンを積極的に使い、そうしたデメリットをしっかり防ぐようにしましょう。

肌に優しい

クマを隠すのであれば、他のコンシーラーでもできないことはありません。

しかし、肌への負担が気になるときは、やはりアイプリンがおすすめです。

通常のコンシーラーは、ただ上から塗って隠すだけなので、あまり肌にやさしくないイメージがあります。

どうせ使うなら、なるべくデメリットがない製品を選びたいものです。

そんなときは、美容液としても使えるアイプリンを試してみましょう。

肌によい成分が多く含まれているため、負担をかけるようなことはありません。

美容液だけでは難しい

クマの対策としては、美容液で地道にケアを行い、色を元に戻す方法もあります。

しかし、その方法には時間という欠点があります。

どうしても時間がかかるため、すぐに効果が欲しいときは困ってしまうのです。

アイプリンなら、美容液だけでなく、コンシーラーとしても高い効果を発揮してくれるので、そうした時間のデメリットは感じません。

シワが気になるとき

顔の印象に影響するものとしては、クマ以外にも、シワがあります。

目元のシワの多さも、不要な勘違いが起きる原因のひとつです。

アイプリンならシワを防ぐ効果も抜群なので、しっかり対策をしていきましょう。

妙に上の年齢に見られることも

シワが増えたときに最も気になるポイントは、見た目の年齢です。

目元にシワがあると、本当の年齢よりも上のような印象を与えてしまうことがあります。

この場合、「落ち着いている」といったプラスの印象ではなく、「なんだか老けている」といったマイナスな印象になることが多いため、なんとも厄介です。

女性にありがちな悩みのようですが、男性であっても、シワが多すぎると老けて見えるのは同じことです。

若々しさを長くキープしたいときは、アイプリンをうまく使い、シワを防いでいきましょう。

ハリとツヤを与える

アイプリンには、フラーレンという美容成分が含まれています。

その美容力は、ビタミンCの172倍にもなり、肌にハリやツヤを与える効果が高くなっています。

目元のシワを防ぐには最適な成分なので、アイプリンでしっかり補給しておきましょう。

また、ただ若く見せるだけでなく、健康な状態を維持するためにも役立ちます。

肌トラブルを防ぐ効果が期待できるので、余計なダメージを回避したいときも、ぜひ使ってみてください。

紫外線のダメージを軽減

肌に紫外線が当たると、活性酸素が生成されます。

活性酸素は、シワやたるみの原因となる成分です。

アイプリンに含まれるアスタキサンチンという成分は、活性酸素を抑制する抗酸化作用をもっているため、対策にはぴったりです。

紫外線を浴びることが多いなら、アイプリンでシワの原因を排除してしまいましょう。

メイクだけで解決するのは難しい

シワを隠したいときは、「メイクで何とかなるだろう」と考えたりしますが、うまくいかないこともあるため、注意が必要です。

変に厚塗りになったりすると、不自然さが加わることになり、いまいち老けた感じを軽減できません。

アイプリンならそうした失敗は起こりにくいので、メイクで失敗しがちな人はチェックしておきましょう。

効果の長いものを使いたいとき

通常のコンシーラーは、効果が長く持続しないこともあります。

クマやシワをいったん隠すことはできても、午後になるとすっかりカピカピになっていたりするものです。

そんなときは、「もっと長続きする製品が欲しい」と感じてしまいます。

アイプリンは持続性も高いので、夜までしっかりもつことに注目する場合は最適な製品です。

朝塗ってから出かければ、そのまま1日もってくれます。

余計なことを気にせず、仕事に集中できるようにしましょう。

面倒がないものを使いたいとき

アイプリンは、とても簡単に使うことができるため、「面倒なものを買いたくない」という人にもぴったりです。

ファンデーションを塗る前に筆で目元に乗せ、手で優しく伸ばすのが、基本的な使い方になります。

それだけで素早くクマやシワを隠してくれるため、面倒に感じることはほとんどありません。

扱いにくいものは、だんだん敬遠するようになり、ほとんど使わないうちに別の製品を買いたくなることがあります。

そうしたデメリットがないものを購入するなら、アイプリンをしっかりチェックしておきましょう。

美容のために小物を増やしたくないとき

コンシーラーであると同時に美容液でもあるアイプリンは、顔だけでなく、全身に使用できるアイテムです。

そのため、「たくさん買うのをやめたい」というときも役立つ製品になります。

1本あれば手や足などもカバーできるので、持ち物を減らしてすっきりしたいときは、とても便利です。

顔以外にもシワやシミが気になる部分があるなら、どんどん使って徹底的にケアしていきましょう。