アイプリンでカバーできる悩み5つと効果的な使い方

目元のコンディションで人の印象は大きく変わると言われます。

特に大きなクマが発生している時には、人相がまるで違って見えるので注意が欠かせません。

アイプリンは、そんな何とかしたいクマの他にも、多彩な悩み・症状を短時間でカバーできるのが大きな魅力です。

仕事やデート、結婚式など大切なイベントの時などにも、とても頼もしい存在となるでしょう。

この記事では、アイプリンで解決できる悩みと効果的な使い方について、掘り下げていくことにします。

クマへの効果には定評がある

目元に出来たクマへの効果は、多くの方が実感しているところです。

近年は寝不足であったり、IT機器の使いすぎなどでクマが出来やすい環境の方が多いこともあり、このトラブルを抱えているケースは少なくありません。

クマには青クマ、黒クマ、茶クマの三種類があり、それぞれに特徴が異なります。

青クマの特徴と改善方法

青クマは寝不足や目の疲れなどが原因で、血行不良が引き起こされたことにより、目の下が青っぽく見えるのが特徴です。

若い女性にも発生しやすいタイプとなっており、充分な休息やメンテナンスの時間がとれない時には、中々自然には治らないことも少なくありません。

この青クマはアイプリンで解決できますが、特に効果的なのが、予めマッサージなどで症状を軽減しておくこと。

青クマは目の周りをマッサージしたり、蒸しタオルを使うと軽減できるので、それからアイプリンを使うと効果的です。

黒クマの特徴と改善方法

黒クマの原因は青クマとはうってかわり、年齢を重ねたことが原因とされています。

これは加齢によって目の下の皮膚が薄くなったりしたために、目元が黒っぽく見えるのが特徴です。

少し上を見た時に、クマが薄く見えるような時には、黒クマと考えて良いでしょう。

こちらは加齢が原因なので、蒸しタオルなどの効果は薄いとされています。

普段から表情筋を鍛えたり、保湿メンテナンスにしっかりと取り組むことで軽減を目指すことが可能です。

地道な努力とアイプリンの組み合わせで、完全に目立たない状態を目指せるでしょう。

茶クマの特徴と改善方法

上記のクマと違い、茶色い色素が沈着してしまったのが、茶クマとなります。

基本的にシミと同じ仕組みで発生しますので、紫外線の浴びすぎや目元の擦りすぎなどがあれば、茶クマを引き起こしかねません。

こちらも短時間で治すことは難しいのですが、アイプリンを使ってカバーすることは可能です。

美白に気をつけて目元をケアしつつ、アイプリンを活用していくのがおすすめです。

クマに関する実際の口コミ

クマに関しては即効性があり、短時間で隠せたとの意見がよく見当たります。

使い方も簡単で、すぐに塗れて広げやすいのも高評価です。

ネットでは、実際に利用者がアイプリンを使って、クマをカバーしているビフォー・アフター画像も多く掲載されていました。

目元のタルミにも効き目が

クマを隠すのに良く使われるアイプリンですが、タルミにも効果があったと言う声も多数となっています。

プチプライスでタルミもケアができるなら、これは大きな魅力となるでしょう。

含まれている成分から、タルミへの効果を考えてみることにします。

ヒアルロン酸とフラーレン

化粧水や乳液に含まれることが増えているのが、ヒアルロン酸とフラーレンです。

ヒアルロン酸は色素沈着にも効果を示すと共に、肌の奥まで水分を届ける働きにより、肌にハリを蘇らせてくれる作用もあります。

フラーレンの方は美肌成分としての有効性は高くなっており、その美容力はビタミンCの100倍を優に超えるとも言われます。

肌にハリと弾力を与えて、タルミの軽減を目指すことが可能です。

プロテオグリカン

こちらも保水力が高い成分となっており、しかもヒアルロン酸の働きをサポートするのが大きな特徴です。

ヒアルロン酸やコラーゲンの作用と相乗効果が見込めますので、タルミの解決には期待できます。

このように成分同士の相性も考えて開発されているのは、アイプリンがこだわって開発されたことが感じられるでしょう。

タルミに関する実際の口コミ

「目元のクマを隠すために使い始めたら、いつの間にかタルミが気にならなくなった」と言うような口コミが見られます。

効果の出方は人それぞれですが、一ヶ月から三ヶ月程度で実感できたと言う方も少なくありません。

アイプリンでシワも消えた?

加齢とともに、乾燥などによって生じてくるのが目元のシワです。

特に20代半ばになってくると心配になってきて、30代、40代では悪戦苦闘を強いられているケースは珍しくありません。

目元のシワは老け顔に見える大きな原因ですが、これに対するアイプリンの実力はどうなのでしょうか。

即効性が期待できる

アイプリンには保水・浸透力の高い成分が使われているので、目元にスピーディーに働きかけるような作用があります。

このために、ある程度までの小じわなら、塗った直後から変化が感じられるケースもあるほど。

特に乾燥によりシワでは変化が見られやすいようです。

継続的に使ってみた結果

2週間ほど使った結果、小ジワが減って行ったと言う口コミが見当たります。

専用のシワ消しクリームも良いのでしょうが、クマとシワの両方で困っている時には、アイプリンで同時にケアをできるのは便利です。

シミ・そばかすにも使える

上記の茶クマと同様に、色素沈着が生じているのがシミやそばかすです。

紫外線や肌への刺激のために生じるのがシミで、そばかすは遺伝による傾向があると言われます。

アイプリンは、目元のシミやそばかすをカバーする効果があり、さらに美白成分によって色素を薄くしていく作用も期待できます。

効果的な使用方法

シミ・そばかすに対してアイプリンを使う時には、塗り広げるよりも、問題の箇所に重点的に利用していくのがおすすめです。

気になる部分にアイプリンをのせて、指で叩くようにして馴染ませていくと良いでしょう。

毛穴の開きもカバー

メイクの仕上がりに大きく影響してくるのが、毛穴の開きです。

特に毛穴に関しては、化粧が剥がれ落ちてしまうなどのトラブルが生じるので、なるべくケアしたいもの。

これに関しても、アイプリンは効果が期待できます。

乾燥による毛穴の開きに

毛穴が目立つ原因の1つに、乾燥があります。

30代になってくると、毛穴が詰まったり開いたりして困ることが増えてきますが、これには乾燥と肌の水分不足が関係しているケースが少なくありません。

この点、アイプリンは保水力のある成分が多数含まれているため、毛穴対策にも効果が見込めます。

効果的な使用方法

こちらも全体的に塗り広げるのではなく、気になるポイントにのせて、叩くようにして馴染ませていくのが良いでしょう。

毛穴を埋めるように、しっかりと使っていきましょう。

ハイライト効果で目元を美しく

上記のような悩みに効果があるのがアイプリンの魅力ですが、実はハイライトとしても使えたりもします。

悩みを解決しながら、より美しくメイクを仕上げることができるのは、ならではの魅力と言えるでしょう。

目元だけではなく、鼻筋やおでこなどにも使え、気軽にツヤ感を演出することができます。

また、工夫すれば口角を上げるような使い方もできるので、気になる方は、ぜひチャレンジしてみましょう。