アイプリンが男性におすすめの5つの理由

目元専用コンシーラーとして有名なアイプリンは、実は男性にもおすすめしたいアイテムの1つ。

口コミのほとんどは女性ですが、あまり知られていないだけで男性愛用者も多いメイクアイテムです。

どうして男性におすすめなのか、どうやって使うのが効果的なのか、どんな悩みに効果を発揮するのか…コンシーラー初心者さん必見の情報をまとめました。

女性よりも男性におすすめ?

アイプリン5つの魅力

女性よりも男性にこそ試してほしいと感じるアイプリンの魅力についてまとめました。

男性のライフスタイルに合った使い方をご紹介します。

1.これ1本で目元ケアできる

女性の多くは、導入美容液・化粧水・美白や保湿など機能的美容液・乳液・クリームと色々なスキンケアアイテムを組み合わせて使用しています。

さらに顔全体に使うアイテムだけではなく、目元用、口元用とパーツに合わせたお手入れアイテムを用意されている方も多いです。

だけど正直なところ、全てのアイテムをそろえるのは大変ですし、お金も手間もかかります。

ですから、もしもあなたが「目元」にしぼってケアするのであれはアイプリンをおすすめします。

アイプリンはコンシーラーでありながら、スキンケア効果も兼ね備えているからです。

プラセンタ、コラーゲン、セラミドといったお肌のハリ艶に欠かせない美用成分を贅沢に配合しています。

カバーするだけのコンシーラーならドラッグストアや百貨店で手に入りますが、カバーしながらスキンケア効果も期待したいという男性にはアイプリンはとても心強い存在ですね。

2.ファンデーション効果がある

市販のコンシーラーは部分的にカバーすることしかできませんが、アイプリンなら薄いベージュの色味を活かしてファンデーションのように使用することもできます。

目元のシミやシワはもちろんのこと、顔全体に薄く延ばしてトントン馴染ませればナチュラルなファンデーションとしても利用できます。

しかも少量でしっかり伸びてカバーしてくれるので、コスパはなかなかのもの。

顔全体ならおでこに2本、目の周りをぐるりと囲むように1本、頬は3本、合計で6本の線を描くようにアイプリンをなじませてください。

あとはその線を馴染ませるように、指先でトントン叩きこむだけで完成です。

普通のファンデーションと比べてムラになりにくいので、メイク初心者の男性でも使いやすいと思いますよ。

3.メイク落としが楽

コンシーラーの多くは、カバー力と引き換えにメイク落とししずらいものがほとんどです。

崩れにくさがメリットでもありますが、メイクが肌に残ってしまったり、強いクレンジング剤でメイクオフしなければいけないとなると、目元のシワやクスミを悪化させてしまう原因にもなります。

だからこそアイプリンは、メイク落としのしやすさにもこだわっています。

敏感な目元だからこそ、刺激を与えずにメイクオフしやすい処方になっているのです。

専用のポイントメイク落としを使う必要がないので、自宅に合うクレンジング剤で綺麗にオフできるのも魅力の1つだと言えるでしょう。

4.顔以外にも使える

ここまでアイプリンを「顔」に使うメリットをご紹介してきましたが、実はこのコンシーラーは顔以外にも使えるんです。

実際に愛用されている男性の中には、手や腕、首、脚など体全体に使われている方もいらっしゃいます。

特に多いのがシワ隠し。

首にできてしまった横ジワは実年齢よりも老けて見える原因になりますから、アイプリンでナチュラルにカバーするだけで若見え効果があります。

その他、うっかりできたシミをピンポイントでカバーしたり、青あざを目立たなくしたいなど色味を補正するために使う方も多いですよ。

5.敏感肌対応の処方

顔だけでなく手足など全身にも使えると聞くと、不安になるのが成分の安全性ではないでしょうか。

その点もアイプリンはしっかり考えられています。

最近はコストの関係からか海外製造が多いコスメ業界ですが、なんとアイプリンは国内製造です。

さらに肌に負担をかける着色料や保存料を含む、12種類の添加物は一切使用していません。

敏感肌の方が苦手とするエタノールも配合していないので、これまで化粧品で合わないものがあった…という男性でも安心して使える処方となっています。

肌に合わないかも?大丈夫!返金保証制度があります

ネット通販で購入するコンシーラーは、実際に自分のお肌で試すことが出来ません。

色味が合うのかなとか、しっかりカバーできるかなとか、肌に合うかどうか不安だという方もいらっしゃることでしょう。

それにもかかわらず男性にアイプリンをおすすめするのは、アイプリンに返金保証制度があるからです。

百貨店で購入するようなコンシーラーは、返金保証がないものがほとんど。

万が一肌に合わなくても我慢するか、せいぜいで知人に譲るかのどちらかです。

そうなるとお金がとても勿体ないですよね。

でもアイプリンはじっくり試して、合わないと思えば返品できる良心的なアイテムです。

返金保証制度を利用するための条件がいくつかありますが、その条件さえクリアすれば誰でも返金制度を利用することができます。

返金保証制度3つの注意点

返金保証が少しややこしいので、万が一の時に慌てないために3つの注意点をまとめました。

1.利用条件

各家庭1回限り、初回に限るという条件があります。

男性の場合に多いのが「同居の妻(もしくは母親)がすでに返金制度を利用していて、返金してもらえなかった」というトラブル。

アイプリンが自分に合うかどうか不安だという場合は、購入前に同居の家族に使ったことがあるかどうかや、返金制度を利用したかどうかを確認しておくといいかもしれませんね。

2.返品するもの

アイプリンは100日以上使ってから返金手続きを取らなくてはいけません。

定期購入制度を利用することになるので、100日となると4回分の商品を受け取ることになります。

4回分の「お買い上げ明細書」と「商品容器」、さらに「商品の箱」の3点をそれぞれ必ず返送してください。

1回分でも欠けていると返金を受けられないので、うっかり捨ててしまわないように1か所にまとめておくといいでしょう。

なお100日以内で合わないと感じたとしても、この時点で返品することはできません。

返金条件は「100日以上使ったけれど効果を実感できなかった場合」に限られるので、4回目の定期を受け取ってから手続きするようにしてください。

5回目の発送予定日の10日前までに電話連絡する必要があるので、カレンダーやアプリなどを利用して連絡漏れがないようにしておくといいでしょう。

3.今後のことについて

一度返金保証制度を利用すると、今後はアイプリンを購入することはできなくなります。

アイプリンの返金保証制度は合計4回分の商品代金を返金する仕組みなので、「4個も無料で使える」という考え方をする方もいらっしゃいます。

その後また申し込めば、また無料で使える…という噂もあるようですが、これは嘘です。

利用条件でも書いたように、この制度は1度しか使えません。

さらに返金保証制度を利用してしまうと、今後はアイプリンを購入することさえできません。

じっくり商品を試してもらうために設けられた制度なので、その点にだけ注意してください。